乳腺炎とはどんな病気

乳腺炎は、乳房の中にある乳腺が炎症を起こした状態で、乳房に腫れが出たり、発熱や痛みを感じて授乳に支障をきたす症状です。乳腺炎の症状には軽度の乳管閉塞から乳腺が細菌感染を起こして周囲の組織に広がってしまう乳房膿瘍まで段階があります。もちろん乳腺炎を起こさないことがベストですから、これから妊娠、出産を控えているお母さんは乳腺炎の症状や対処法を知っておくことが大切です。人によっては乳腺炎になりやすい方、なりにくい方と体質も関わってきますので、事前に乳腺炎とはどんな病気なのかを把握しておきましょう。

乳腺炎にかかると、母乳の出が悪くなり、さらに乳腺に母乳が溜まって炎症を起こし、痛みや腫れが出てきます。授乳中に多く見られる症状ではありますが、ピアスを開けるなどして乳輪や乳頭を傷つけると傷口から細菌感染を起こし、乳腺炎を発症することもあります。前者は「うっ滞性乳腺炎」と呼ばれ、後者は「化膿性乳腺炎」と呼ばれています。

乳腺炎を発症する割合としては圧倒的に女性が多いのですが、実は男性でも乳腺炎にかかる場合があります。女性ホルモン・エストロゲンが過剰に分泌されて炎症が起きるほか、肝機能障害による代謝異常、ストレスや脂肪分が多い高カロリーの食生活が原因になる場合もあります。 胸にズキズキとした痛みやしこりや出来た時は乳腺炎を起こしている可能性がありますので、まずは乳腺治療専門の病院にかかられることをおすすめします。

[注目情報]
乳腺炎対策用に特別にブレンドされたハーブティーを販売している通販サイトです⇒乳腺炎対策ハーブティー

乳腺炎になったら

乳腺炎とは、女性が多くの割合を占める炎症の一種です。乳腺炎を発症するとまず乳房にしこりができ、腫れたり赤みを持ったりして炎症を起こしていることが確認できます。もしも乳腺炎になったら、一人で・・・

乳腺炎を予防する

乳腺炎を予防するためには、特に食生活の改善が効果的です。母乳の元になっているものは血液であり、その血液を作っているものは食事ですから、乳腺炎予防には喫煙や飲酒を避けて食生活を正すところ・・・